映画【ジョーカー】ネタバレあらすじを感想つきで紹介!究極の悪はどうやって生まれたのか!?

スポンサーリンク

映画情報

ジョーカー

出典「ジョーカー」より

【ジョーカー】2019年公開アメリカ映画。世界一有名なヴィラン(悪役)はどうやって生まれたのか。その誕生の秘密が明らかになる。

第79回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門にてDCコミックス映画化作品としては史上初、最高賞の金獅子賞を受賞。DCコミック伝説のヴィランの過去を映像化した衝撃のスリラー映画。

主演ホアキン・フェニックスが命がけで挑んだその演技は圧巻。「キャリア史上最高の演技」と評された演技を堪能せよ。
この映画を観終わったときあなたの中の倫理感は崩れる。

キャッチコピーは「本当の悪は笑顔の中にある」

原題:Joker
上映時間:122分
監督:トッド・フィリップス
脚本:トッド・フィリップス
出演: ホアキン・フェニックス(ジョーカー/アーサー)、ロバート・デ・ニーロ(マレー)、ザジー・ビーツ(ソフィー)、フランセス・コンロイ(ベニー)、ブレッド・カレン(トーマス)ほか

スポンサーリンク
ジョーカーについての考察を詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!
映画【ジョーカー】徹底解剖!バットマンは兄弟だった?衝撃の過去から歴代俳優、名言を紹介!

ジョーカーの予告編 動画

映画『ジョーカー』本予告【HD】2019年10月4日(金)公開

※ここからはネタバレを含みますので鑑賞前の方は気をつけてください。

あらすじ1/6「売れない大道芸人」

ジョーカー

出典「ジョーカー」より

金持ちはより金持ちに、貧乏人はより貧乏に。
そんな言葉を体現する大都市ゴッサム。

人心はすさみ、治安の悪化したこの町で懸命に生きようとしたある男がいました。その男の名はアーサー・フレック。

彼はコメディアンを目指す売れない大道芸人でした。病弱な母を介護しながら、自身の病気や精神疾患とも闘っていました。
生活は貧しく、道化師派遣サービス「ハハプロダクション」からのわずかな仕事を頼りに細々と母ペニーと暮らしていたのでした。

母ペニーは「どんな時も笑顔で人を楽しませなさい」とアーサーに言っていました。アーサーはその言葉を胸にコメディアンとして成功することを夢見ていました。

富が集中していくと貧富の差が激しくなります。格差社会は経済を停滞させ、治安を悪化させてやがては崩壊していきます。格差社会の肥大したゴッサムは今の現代社会の風刺ともとれる設定になっています。
母の介護や治安の悪化には内心ドキッとする‥。少子高齢化の日本も他人事じゃないと思った。
スポンサーリンク

あらすじ2/6「アーサーの障害」

アーサーには障害がありました。幼いころの事故で脳と神経を損傷していて、極度の緊張状態に陥ると笑いが止まらなくなるという発作が起きるのでした。

ある日、アーサーがピエロの姿で看板を持つ仕事をしていると不良少年たちに看板を盗られてしまいます。アーサーは必死に追いかけ、返してくれと言いました。不良少年たちは追ってきたアーサーを看板で殴り飛ばし、ケラケラと笑います。ボロボロのアーサーは、お店側からねぎらいの言葉もなく看板の修理代金を請求されたのでした。

一方、市の財政難によって街の社会福祉を縮小することが決まります。アーサーが通っていたカウンセリングが打ち切りになってしまい、向精神薬の処方も止められてしまいます。
アーサーの中で静かに言葉にできない何かが溜まっていくのでした。

劇中でアーサーに「ジョーカーゲージ」が溜まると重低音の重い音がズーンと鳴ります。

ジョーカーゲージとは、ストレスメーターみたいなものでストレスが溜まると徐々にジョーカーに変貌していきます。

お腹に響く重低音‥。映画館で見るとアーサーと一緒に鬱になっていくのがわかる。

でもなぜか心地良いと思ってしまうのは僕がジョーカーファンだからなのか‥。

あらすじ3/6「絶望の連鎖」

絶望のなか落ち込んでいると同僚のランドルから自分の身は自分で守るしかないと言われ、強引にを渡されます。

困惑しながらアーサーは銃をポケットにしまって小児病棟での仕事に励もうとしました。しかし、ふと銃を落としてしまいアーサーは会社をクビにされてしまいます。同僚のランドルは我が身可愛さのため、責任をアーサーひとりに押し付けました。

絶望がアーサーを包みます。ピエロの化粧を落とす気力もなくアーサーは地下鉄に乗って帰路につこうとします。
仕事のこと、裏切られたこと、母の介護のこと、これからのことをじっと考えているとアーサーの心は徐々に追い詰められ、発作で笑いが抑えられなくなりました。
そこにウェイン産業のエリートサラリーマン3人がアーサーの姿を見てからかいます。笑いが抑えられず苦しむアーサー。次第に3人のからかいはエスカレートして暴行に発展していきます。アーサーはとっさに持っていた銃で彼らを射殺してしまうのでした。

呆然とするアーサー。しかし発作は不思議と止まっていました。そして言い知れぬ高揚感が絶望のかわりにアーサーを包み込んでいくのでした。

この映画の凄いところはただの鬱映画じゃないってことだと思う。射殺するこのシーンはなぜか爽快感に似た感覚を覚えた。
普通に考えたら人殺して爽快感って結構ヤバいけど。

あらすじ4/6「衝撃の事実」

数日後、カメラに映っていたこの事件は世間をにぎわかしました。ピエロ姿の男がエリートサラリーマンを射殺する衝撃的な映像は、貧困層から富裕層に対する復讐として拡散され、街のいたるところでピエロ姿に扮した暴徒がデモ活動を活発化させていきます。

そんな中、アーサーに朗報がありました。なんとスタンダップコメディーショーへの出演が決まったのです。初めてコメディアンとして舞台に立てることに歓喜したアーサーはひそかに想いを寄せていた同じアパートに住むソフィーに強引に口づけをして、ショーに招待します。

しかし、いざショーが始まるとアーサーの発作が起こってしまい、笑いが止まらなくなりました。
グダグダのジョークに客は無反応です。それでもなんとかショーをやり遂げたアーサー。

あまりにも無残な初舞台でしたが、なぜか人気番組の司会者マレー・フランクリンから出演依頼を受けます。

その夜、アーサーは家に着くと母ペニーがかつて家政婦として働いていた実業家のトーマスウェインへ宛てた手紙を発見します。その手紙には援助のお願いとアーサーがトーマス・ウェインの隠し子であることが書かれていました。

アーサーは衝撃を受け、事実を確かめにトーマス・ウェインに会いに行きます。
幼いブルース・ウェイン(のちのバットマン)と執事のアルフレッドには会えましたが、当人には会えず追い返されます。

そのころ、エリートサラリーマン射殺事件の調査のため自宅に訪問した警察に驚いた母ペニーが倒れ、病院へ運ばれていました。
アーサーはなんとか警察の詰問を交わすと母に寄り添うため病室に入りました。

病室にあったテレビには、人気番組司会者のマレー・フランクリンが映っていました。そしてアーサーのコメディショーを特集していたのでした。テレビに映る自分の姿を見て嬉しくなったアーサーに笑みがこぼれます。

しかし次の場面でマレー・フランクリンはアーサーを馬鹿にし、彼は「ジョーカー(うざいヤツ)」だと言って笑いものにしたのでした。

アーサーの笑みはもう消えていました。

jokerとは、英語のスラングで「馬鹿げた人」「うっとおしい人」「うざいヤツ」と言った意味があります。

マレー・フランクリンって嫌な奴だなぁ。
わざわざテレビで特集してコケにするなんて性格最悪じゃないか!

アーサーの無垢な笑顔見てたら泣きそうになってくる‥。

あらすじ5/6「いくつもの真実」

アーサーは、街で活発化しているピエロデモ活動の隙をくぐり抜け、トーマス・ウェインと対面しました。事の事情を話すとトーマス・ウェインは「すべてデタラメだ。お前の母親は心の病気でおまえはペニーの息子ですらない。」と告げました。

母ペニーの実子ですらない養子であると聞いたアーサーは信じることができず州立病院で事実を確かめます。そこで母が精神疾患をわずらっていること、アーサーが養子であること、アーサーが負った脳と神経の損傷はペニーの元恋人による虐待が原因であることが判明しました。

憎しみにかられたアーサーは母ペニーがいる病室に向かい、彼女を枕で窒息死させたのでした。

ジョーカー

出典「ジョーカー」より

数日後、マレー・フランクリンが司会を務める番組へ出演するため、アーサーは楽屋でピエロのメイクをしていました。アーサーはひとつの写真を眺めています。

そこには若かりし頃のペニーが映っていました。写真の裏には親しみを込めたメッセージと「TW(トーマス・ウェイン)」というイニシャルが書かれていました。

アーサーは静かに写真を握りつぶします。

マレー・フランクリンが楽屋にやってきました。アーサーはひとつお願いがあると言いました。

僕を「ジョーカー」と紹介してくれますか?

衝撃の事実が次から次へと判明していき、果たしてどれが真実なのか分からない状態です。
監督はジョーカーの出生に曖昧な要素をあえてぶつけることで観た人に考える余地を与えていると考えられます。
ジョーカー出生についての考察を詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!
映画【ジョーカー】徹底解剖!バットマンは兄弟だった?衝撃の過去から歴代俳優、名言を紹介!
確定している事実は

  • 母が精神疾患であること
  • 母の元恋の虐待によってアーサーは障害を負った

の2つです。

写真の描写をみるにアーサーは隠し子だったけど、トーマス・ウェインがその事実をもみ消すために養子ということにした可能性も捨てきれないからです。

もしそうであれば、バットマンとジョーカーは異母兄弟ということになります。‥衝撃です。

しかしこの衝撃の事実はあくまで可能性の話なので真実は藪の中です。

マレー・フランクリンに僕を「ジョーカー」と紹介してくれますか?と言ったシーンは印象的だった。
ふり切れたアーサーの不気味さが伝わってくる。

あらすじ6/6「ジョーカーの誕生」

ジョーカー

出典「ジョーカー」より

番組の幕が上がりました。アーサーはおどけた踊りを見せたあと、自分がエリートサラリーマン殺害事件の犯人であることを打ち明けます。

そして隠し持っていた銃でマレー・フランクリンを撃ち殺しました。パニック状態の会場のなか、軽快なステップを踏みながら駆け付けた警察官にアーサーは逮捕されたのでした。

護送されるパトカーの中、アーサーはもはやかつてのアーサーではありませんでした。暴徒が乗ったトレーラーが突如パトカーに衝突します。
暴徒によって助けられたアーサーは、口から出た血を顔に塗りながら、暴動によって火の手があちこちに上がった街を見ながら優雅に踊るのでした。

場面は変わり、そこには精神病棟に収容されたアーサーがいました。手錠をしたままカウンセラーと話し合っています。

「‥面白いジョークを思いついた。」
「どんなジョーク‥?」
「‥あなたには理解できないよ。」

しばらくすると彼は踊りながら部屋を出てきました。

ジョーカーが歩いたあとには新鮮な血の足跡がくっきり残っていたのでした。

稀代の殺人鬼が誕生した瞬間!
きっと最後のカウンセラーの人も殺されたのに、踊りながら出てくるジョーカーのとりこになっている自分に驚く。

素晴らしい監督と役者は他人の倫理感もくつがえせるんだと感心した。

スポンサーリンク

~観終わったあとの感想~

ジョーカー

出典「ジョーカー」より

映画「タクシードライバー」を彷彿とさせる陰鬱さ。それでいてホアキン・フェニックスの渾身の演技に目が離せませんでした!

ジョーカーゲージがみるみる溜まっていくのがとても面白かったです。そこが他の鬱映画とは違う見どころかなーと思います。

来るぞ‥来るぞ‥と思いながら観ていて、確実に「あ!いまジョーカーになった!」って瞬間がわかるのがたまらなかったです!みなさんが思ったジョーカーになったって瞬間はどこでしたか?

個人的にはアーサーが上半身裸で鏡に向き合っていた時が一番ジョーカーに切り替わった瞬間だと思いました!

‥あれ、これジョーカーになってない?‥これもうアーサーじゃないよね‥?もうこれ確実にジョーカーでしょ!って感じで興奮が止まらなかったです。

あのガリガリの体からかもし出される狂気のオーラは観ているこっちの神経がもたないってくらいヤバかったです。

あとホアキン・フェニックスのたばこをふかすシーンはひざが震えるほどカッコよかったですねー。自分の中では今回のホアキン・フェニックス版ジョーカーは殿堂入りしていたヒースレジャー版ジョーカーを超えていたように思えます。それくらい神がかった演技だと思いました。

一部の意見としてこんなのジョーカーじゃないという人の気持ちもわかります。年齢、出自、正体が一切不明なのがジョーカーの魅力のひとつなのにそれを明らかにするなんてという声もあるそうです。

今回の映画はそんな禁断の聖域に踏み込んだ挑戦的な映画だったんだと思います。周りからのプレッシャーもすごかったでしょうね。DCコミック最高のヴィランですからね。これでこけたらただじゃ済まないぞって視線をびしびし感じていたんではないでしょうか。
だからこそ監督や役者も一丸となって良い作品にするぞと力を出し合った結果、渾身の快作「ジョーカー」が生まれたのではないでしょうか。

残念ながら今回の映画「ジョーカー」は単独のみの作品となっています。続編やバットマンとの絡みは今後もないそうです。トッド・フィリップス監督自身も他の映画とは一切関わりのない単独の映画であり、続編も作る気はないとインタビューで答えていたそうです。

しかし、ここまでの高評価、金獅子賞受賞、興行成績も抜群に良いときてますから、もしかしたら今後続編や他DC作品とのコラボに舵を取ることもあるかもしれません。

個人的には、伝説は伝説のまま終わってほしいと思う気持ち半分、もっとホアキン・フェニックスのジョーカーが観てみたいという気持ち半分でかなり複雑な気分ですが、あまり悩んでいても仕方ありません。(悩みすぎると自分の中のジョーカーが裏返るかもしれませんし笑)
いちファンとしては今後の展開に静観しながら期待したいところです。

ホアキン・フェニックスの渾身の演技は魂が揺さぶられる凄みがあった!
まだ観ていない人は絶対観た方がいいと思える作品だったよ!
ありがとう!ホアキン・フェニックス!

ジョーカーについての考察を詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!
映画【ジョーカー】徹底解剖!バットマンは兄弟だった?衝撃の過去から歴代俳優、名言を紹介!