【シン・ゴジラ】徹底考察まとめ①!ラストの尻尾の意味とゴジラ全8形態を紹介!

シン・ゴジラ第四形態

出典「シン・ゴジラ」より
ざっくりネタバレ
東京湾に未知の生物があらわれました。未知の生物は驚異的なスピードで進化していき日本に上陸します。日本政府は自衛隊を出動させて撃退しようとしますが、逃げられます。次にあらわれた未知の生物はさらなる進化を遂げて巨大になっていました。
内閣官房副長官の矢口(長谷川博己)はその未知の巨大生物を呉爾羅(ゴジラ)と名づけます。ゴジラは東京を一瞬にして火の海にすると燃料切れになったのかその場で停止するのでした。数日後、再び動き出したゴジラ。矢口は計画していた「ヤシオリ作戦」によってゴジラを凍結することに成功します。
最後のシーン。ゴジラの尻尾がアップで映されます。そこには人の形をした何かがいたのでした。
スポンサーリンク
もっと詳しくあらすじを知りたい方は
映画【シン・ゴジラ】あらすじネタバレを感想・解説付きで紹介!をどうぞ!

庵野監督が語るシン・ゴジラ続編、キャスト一覧についてはこちら!
【シン・ゴジラ】徹底考察まとめ②!庵野秀明が語るゴジラ続編とは?豪華キャスト一覧を紹介!

ラストの尻尾に隠された真実がヤバすぎる!

シン・ゴジラ第5形態

出典「シン・ゴジラ」より
これって結局なんだったの‥?

知っていましたか?このラストのシーンに隠された怖すぎる意味を‥。

尻尾に宿る生命、それは次なるゴジラの姿だった!

シン・ゴジラで最も話題になったラストシーンの尻尾。この尻尾から人らしき姿が見えたときは、みなさん驚いたのではないでしょうか。実はこの姿、シン・ゴジラ第5形態のものだったんです。のちほど紹介する公式記録集「ジ・アート・オブ シン・ゴジラ」では第5形態のひな型も公開されていますのでそちらもご覧ください。

劇中でゴジラはヤシオリ作戦によって凍結されました。しかし、尻尾をみるとすでにゴジラは次なる進化をしようとしていたんです。劇中でも少しだけ触れられているんですが今回のシン・ゴジラはなんと単体のみで無性生殖が出来る可能性が疑われていたんです。しかも飛翔する可能性まであったんです。それがこの尻尾の正体という訳です。

つまりこの尻尾からは次なる進化のステージに上がった新型ゴジラが分裂して生み出されようとしていたんですね。ヤシオリ作戦があと一歩遅かったなら、この尻尾からは無数の人型ゴジラが生み出され、世界各地に飛翔していったに違いありません。そうなっていたらと思うとゾッとしますね~。まさに人類の終焉が迫っていたということになりますね。

ヤシオリ作戦は本当に成功したのか?

ここからは私的な意見ですが、この尻尾の分裂ってヤシオリ作戦の前か後かで意味が変わってくると思いませんか?
ヤシオリ作戦前もしくは最中にこの分裂が行われていたとすれば、ヤシオリ作戦が間一髪間に合い、無数に増殖する人型ゴジラを寸前のところで阻止できたという見方になります。

しかしもし、ヤシオリ作戦が成功し、ゴジラが凍結した後で尻尾の分裂がおこなわれていたとするなら、ゴジラは気づかれないように次なる一手をすでに打っているという見方もできます。そう思うと果たしてヤシオリ作戦は本当に成功していたと言えるか疑問に残るところですね。

続編があるならぜひこの続きを観てみたいものです。

スポンサーリンク

シン・ゴジラの第1形態から第5形態を紹介!

ゴジラの形態変化っていくつあるんだろう‥?

そういった疑問を持った方も多いんじゃないでしょうか?
シン・ゴジラの全形態って気になりますよね?映画の中では怒涛の進化を見せたゴジラ。あまりにも進化のスピードが早くて形態がよくわからない!そんな方のためにシン・ゴジラの全形態を一挙にご紹介します。

シン・ゴジラ第1形態

第一形態

出典「シン・ゴジラ」より

劇中では東京湾海上に現れたシン・ゴジラ第1形態です。一瞬しか姿を現していないことからその様相はファンの間で憶測を呼びました。
私的な見解ですが、第4形態までの流れを考慮すると東京湾に姿を現した触手は尻尾である可能性が高いです。全身はおたまじゃくしのような姿をしていたのではないでしょうか。

シン・ゴジラ第2形態

第2形態

出典「シン・ゴジラ」より

シン・ゴジラ第2形態です。当初映画を観ていた方ならわかるかと思いますが、まさかこれがゴジラだとは思わなかったです笑。ゴジラと戦う敵怪獣とばかり思っていました。
このシン・ゴジラ第2形態は前足がなく、後ろ足と胴体、尻尾を蛇のようにうねらせながら歩行しています。また首辺りからはエラのようなものがあり、そこからは血が噴き出ています。これは進化の代謝によるものであるという意見と水中から陸への急激な環境変化にともなう出血という意見があります。

東京の蒲田に上陸したこの第2形態はファンの間で「蒲田くん」という愛称で親しまれています。

シン・ゴジラ第3形態

シン・ゴジラ第3形態

出典「シン・ゴジラ」より

前足が少し生え、二足歩行ができるまでに進化した姿です。第3形態ではよりゴジラらしくなっており、よちよち歩きをしながら街を蹂躙していきます。グロテスク度が増し、造形がただのホラーです笑。

蒲田から品川に向かったことからこの第3形態はファンの間では通称「品川くん」と呼ばれています。

シン・ゴジラ第4形態

シン・ゴジラ第4形態

出典「シン・ゴジラ」より

みてください!この威風堂々たる姿を。これぞ我々が知るゴジラですね。やはり迫力が違います。これが第4形態のシン・ゴジラです。顔がぼっこぼこですね~。目が何考えているかわからない感じでゾッとします笑。

第4形態は鎌倉に上陸したことからファンの間では通称「鎌倉さん」と呼ばれています。

個人的に注目してほしいのは「手」ですね。シン・ゴジラで一番好きなところは手と言っても過言ではありません。この上向きに向いた手が野獣のような生物に知的な印象を与えているんですよ。
普通、こういう怪獣の手は下向きに向いているのが常ですが、シン・ゴジラではあえて手を上向きにしているんです。それによってなにか仏像を見ているような、なんとも言えない神々しさが醸し出されているんです。

野生さを打ち消して、生物の頂点、超常のものという印象をこの手の向きひとつで与えているんです。こういった細かい設定が個人的に大好きですね。

ゴジラを演じた狂言師の野村萬斎さんは、手のひらを上に向けることで神や仏のような存在としてゴジラを表現したかったと語っています。

シン・ゴジラ第5形態

シン・ゴジラ第5形態ひな形

出典「ジ・アート・オブ シン・ゴジラ」より
うぇ~!グロテスク笑!だけどそこがカッコいい!!

第5形態で人型に進化していったシン・ゴジラ。2016年12月に発売された「シン・ゴジラ」公式記録集「ジ・アート・オブ シン・ゴジラ」の中で第5形態のひな形が公開されました。それがこのおぞましい姿です。

ゴジラの概念を一発で吹きとばしたこの姿を初見で観たときは本当に鳥肌が立ちました。庵野監督やってくれましたね~最高です笑!だってこんなゴジラ誰も想像できなかったですもんね。見事にこれまでのゴジラの既成概念をぶっ壊してくれたシン・ゴジラ。庵野監督はゴジラ映画に新たな可能性の息吹と議論の余地を提供してくれました。

スポンサーリンク

巷で噂の第8形態までの真相はデマだった?

噂で聞いたけどゴジラって第8形態まであるって本当?

実はこれ真っ赤な嘘なんです。
劇中に登場するシン・ゴジラの形態変化はラストの尻尾を合わせると第5形態までしかあらわれていません。ではなぜ第8形態まであると噂されるようになったのでしょう。ゴジラ第8形態の真相を解説していきたいと思います。

第8形態までの噂の発端は「日経サイエンス」だった!?

噂の発端となったのが2016年12月号発売の「日経サイエンス」の中で特集された「シン・ゴジラの科学」という記事です。この記事では様々な専門分野の研究者たちが「もしシン・ゴジラが現実にいたとしたらどのように進化していくのか?」というテーマで様々な専門的視点を交えて解説しています。

以下引用(2016年12月号日経サイエンスより)

  • 「次の第5形態では鋭い歯も頑強な顎もさらには口も失われているかもしれない」p52参照
  • 「恐竜のような姿の第4形態から、人類や鳥類のような小型化・群体化した第5形態へ、さらに進んで未知の第6形態へと変態を遂げて宇宙に飛び出し、声明を宿らせる新たな天体を目指して飛散していく」p53参照

上記の記事では確かに第5形態以降についての記述があります。進化の行く末についてなるほどなぁと感心させられる内容となっているのですが、この日経サイエンスで特集された「シン・ゴジラの科学」はあくまで専門家による推測を特集したもので公式設定ではありません。しかしながら内容の面白さも相まって、シン・ゴジラの進化はどこまで行くのかというファンの好奇心をくすぐり、尾ひれがついていったという訳です。

それでも気になる第8形態までを一挙解説!

第8形態ってどうなるんだろう‥?

第8形態までのうわさが嘘とわかっていてもやっぱり気になりますよね?
ここで巷でうわさになっている第6形態から第8形態までを一挙に紹介していきます。

シン・ゴジラ第5形態の進化

シンゴジラ第5形態イメージ
さきほど紹介した「シン・ゴジラの科学」の引用文では歯や頑強な顎、口も失われるかもしれないと書かれていましたが、公式資料ではがっつりと大きな歯並びの良い口がありました笑。

ここまでは公式資料によるものです。おまたせしました。ここからは非公式の設定をまとめていきます。巷で噂になっている第5形態は以下のような進化をしていくと予想されています。

  • 有翼化⇒翼が生えて飛翔できるようになる。
  • 小型・群体化⇒生存に適したサイズ(ダウンサイジング)になり、個体数が激増する。
  • ヤシオリ作戦の無効化⇒血液凝固剤に対する耐性がつく。
  • 無限分裂⇒細胞のひとつひとつが核を有すようになり、肉片からも無限に増殖できるようになる。

末恐ろしいですね。第5形態の段階ですでに反則的な強さと絶望感が漂っていますが、シン・ゴジラの進化はここで終わりません。続いて第6形態の進化です。

シン・ゴジラ第6形態の進化

シンゴジラ第6形態イメージ

  • 永久機関の獲得⇒核融合を完全にコントロールすることができ、無尽蔵にエネルギーを生み出せるようになる。
  • 口と牙の喪失⇒核エネルギーを自己生成できるようになったことで口や牙を使う必要がなくなり、退化、消滅していく。
  • エネルギー切れの克服⇒永久機関の獲得によって爆炎やビームをどれだけ放出しようが活動が停止することはなくなる。
  • 感情・痛みの消失⇒永久機関の獲得と細胞の無限増殖によって「死」を克服したゴジラは、生存のための感情や痛覚を持つ必要がなくなる。

どうでしょうか。シン・ゴジラ第6形態では、永久機関の獲得、その恩恵による進化がメインとなっています。いずれにしても自己でエネルギーを生み出せる。無限増殖によって「死」そのものを克服したことが大きな要点となっています。

シン・ゴジラ第7形態の進化

シンゴジラ第7形態イメージ

  • 地球を浸食・融合⇒地球全体にゴジラの細胞があふれ、やがて地球そのものを浸食、融合していく。
  • 宇宙への進出⇒過酷な環境にも適応できるため太陽系を超えて別天体へと進出していく。
  • あらゆる元素を体内で生成⇒全ての物質や元素を体内で合成して作り出すことが可能になる。
  • 体内に宇宙を宿す⇒事実上、無から有を創り出せるため神の領域に到達する。体内には無数の宇宙を宿すようになる。

もはや怪獣の域を超えてます。ここまでいくと神そのものといった感じですね。不思議と第6形態まであった禍々しい絶望感はなくなり、代わりに神々しさを感じるほど進化していきます。

最終到達地点シン・ゴジラ第8形態

シンゴジラ第8形態イメージ

  • 宇宙の外側に出る。

最終形態の進化はただひとつです。「宇宙の外側に出る。」これだけです。これによってシン・ゴジラはあらゆる物理法則を超越し、時間の概念からも解放されます。

つまり、あらゆる時間と場所に存在できるようになり、これ以上の進化は必要なくなるためこの第8形態が最終到達点となります。

いかがでしたか。第5形態から第8形態は公式設定では存在しないため、あくまでファンや専門家の推測によって成り立っています。ですが実際にシン・ゴジラがいたなら、ここまで進化していってくれるのではないかと期待してしまいます。
ここまで推測や進化の予想が飛躍できるのもシン・ゴジラという映画が奥深い名作だという証ですね。

スポンサーリンク

ゴジラ第0形態?元になった生物は深海魚だった!

シン・ゴジラの第0形態とも言われている生物がいるって知っていますか?
実は「ラプカ」と呼ばれる深海魚がモデルになっているそうです。

深海魚ラブカ

たしかにこの画像を見るとシン・ゴジラ第2~3形態に似通っている部分が多々ありますね。

この深海魚ラブカはカグラザメ目ラブカ科に属するサメの一種だそうです。その外見からウナギザメという別名で呼ばれることもあり、生きる化石として知られています。ゴジラの元となった生物がサメというのは斬新ですね。てっきりトカゲが元になっていると思ってました笑。

牧教授の本当の目的は復讐なのか?

牧教授はなにがしたかったの?

ゴジラの生みの親とも言われている牧教授。彼の目的って何だったんでしょう?なぜグローリー丸にいたのか。なぜゴジラの出生に関わっているのか。彼の行動や経歴、そして真の目的についていくつかの仮説を元に推測してみたいと思います。

牧教授の行動のおさらい

牧悟朗は元城南大学統合生物学教授です。大戸島出身の生物学者ですが、同時にエネルギー関連の研究も行っていた変わり者として知られていました。

牧悟朗は妻を放射能で亡くしたことをきっかけに放射能と放射能を生み出し続ける人類に対して恨みのような感情を抱くようになっていきます。そしてその矛先は妻を見殺しにした日本国政府に対しても向かっていくことになります。ほどなくして牧悟朗は学会を半強制的に追放され、そのまま渡米したのでした。

その後アメリカ合衆国エネルギー省(通称DOE)から放射性廃棄物による海洋調査の依頼を受けた牧悟朗は、そこで超高濃度の放射線環境下で生息する古代海洋生物の存在を知るのです。この生物は放射性物質に順応し、それを摂取することで自身のエネルギーに変換することが出来る特異な体質を持っていました。

彼はその生物に故郷の言い伝えにある神の化身という意味の「呉爾羅」(ゴジラ)、英語名で「GODZILLA」という名前をつけて生態調査の研究を始めるのでした。

生態調査の研究に没頭する日々が長く続いたある日、彼は突如としてゴジラのデータを一部暗号化してアメリカから持ち去り、日本に帰国するのでした。そして暗号化したデータを1枚の用紙にまとめると、プレジャーボート「グローリー丸」に乗り、東京湾海上に向かいました。
牧悟朗はその後、暗号化した資料、折り鶴、宮沢賢治の『春と修羅』、そして「私は好きにした。君たちも好きにしろ」という文章を船内に残し、こつ然と姿を消すのでした。ゴジラ第一形態が東京湾に出現したのは彼が失踪した7日後のことです。

ここまでが牧悟朗の行動と経歴のおさらいになります。ここから彼の消息を追ってアメリカからカヨコ・アン・パタースンが来日し、情報を提供することで矢口蘭堂率いる対策チームは事態の真相に近づいていくのでした。

目的①日本国への復讐

ひとつめの可能性は、日本国への復讐です。
牧教授は妻を放射線病で失っています。日本政府は当時、放射線病を患った牧教授の妻を救うことができず、ただ見殺しにしています。そのため牧教授は妻を見殺しにした日本という国家を恨んでいました。

牧教授は日本国への復讐のため、グローリー丸にゴジラの試験体を持ち込み東京湾に放ったのではないかという説です。この復讐説が説得力を持つところはゴジラの不可解な行動にあります。なぜゴジラは執拗に日本、それも首都東京へ上陸したのかという疑問を解消することができるのです。

つまり牧悟朗は復讐を果たすため、ゴジラの試験体に東京へ向かわせるように何かしらの改造をしていたのではないでしょうか。そしてその後、牧教授は自責の念から自殺。遺書を残したという説です。

一説には、牧悟朗はゴジラと融合することで人間のDNAを与え、進化を爆発的に早めたのではないかという見解があります。また融合することによってゴジラを東京へ向かわせることができたのではないかとの見解もあります。

では彼はなぜ暗号化した資料を置き、折鶴というヒントを残したのでしょうか。復讐であるならば、わざわざゴジラを倒すヒントを残したという点が気にかかります。私的な見解ですが、この不可解な行動は彼の葛藤からくる最後のしょく罪だったのではないでしょうか。

愛する妻を見殺しにした日本国への恨み、しかしそれと同時に愛する妻が生まれた日本という国に対する愛情のはざまで、彼はゴジラを倒すヒントを残したという見解です。
遺書に書かれた「私は好きにした。君たちも好きにしろ」という文章からも、私はしたいようにした(復讐をしたという意味)。だから君たちもしたいようにすればいい(暗号を解読してゴジラを倒してみろ)という意味にもとれるのではないでしょうか。

  • 私は好きにした⇒復讐をしたという意味
  • 君たちも好きにしろ⇒日本を守りたければ暗号を解読してゴジラを倒してみろという意味

目的②人類を試すため

この説は目的①「日本国への復讐」とも重なった説です。牧悟朗は放射能を生み続ける人類という種族は、滅ぶべきなのではないかと自身の中で葛藤します。そして人類が生きるべきか滅ぶべきかの判断をゴジラにゆだねたという説です。この説からすれば遺書の言葉はこのように解釈できます。

  • 私は好きにした⇒人類を試すためゴジラを放ったという意味
  • 君たちも好きにしろ⇒生き残るべきか滅ぶべきか好きに選べという意味

目的③世界平和のため

牧悟朗は世界平和のため、各国が協力し合うほどの脅威をつくろうとしたという説です。
ゴジラの脅威はもはや核兵器を超えています。しかも無作為に上陸して町を蹂躙していきます。海を越えることが可能なため他国も他人ごとではありません。

世界がゴジラの脅威から逃れるためには、各国が協力し合ってこの脅威から身を守る必要があります。そうなれば共通の大敵を持つことで各国同士の戦争はなくなり、世界平和に一歩近づくのではないかという説です。

この説は個人的に可能性が低いと思われます。たしかにゴジラの脅威は核兵器を超えるほどですが、爆発的な進化スピードから一歩間違えば人類は滅んでいたはずです。世界平和のためにゴジラを生み出したのであればデメリットがあまりにも大きくリスキーな手です。それにわざわざ日本に持ち込んだ理由にもなりません。

世界を変えたいのであれば、大国であるアメリカで暴れさせたほうが世界に対する影響度が違います。以上の理由からこの説である可能性は低いのではないでしょうか。

目的④人類を次のステージに押し上げるため

こちらの説は目的③「世界平和のため」と少しかぶりますが、個人的にはこちらのほうがしっくりきます。
牧悟朗は、人類の救済のため(次のステージに押し上げるため)、放射能汚染のない新たな核エネルギーをもたらしたのではないかという説です。

ゴジラの体組織からは未知の元素が発見されています。DNAは人類の8倍もの情報を有していて、同時にゴジラが放出する放射能は汚染が少なく、半減期がわずか20日という驚異的な核エネルギーを保有しています。ゴジラを有効に活用、研究できたなら人類の化学は爆発的に進歩することでしょう。牧悟朗はこのギフトをもたらすことによって人類の進化を促そうとしていたのではないでしょうか。そうであるなら遺書の意味はこう捉えられます。

  • 私は好きにした⇒人類の進化を促すためゴジラを放ったという意味
  • 君たちも好きにしろ⇒このギフトを生かすか殺すか好きに選べという意味
う~ん。色んな説があるんだね。シン・ゴジラはやっぱり奥が深い。