ビデオパスとはどんなサービス?auユーザー以外でもおすすめ動画配信サービスVODを解説!

ビデオパスについて

スポンサーリンク

ビデオパスとは?

ビデオパス(旧auビデオパス)とはKDDI株式会社が運営している動画配信サービスです。
もともとはauユーザー限定のサービスでしたが、今では誰でも加入OKとなっています。

月額562円という低価格でありながら毎月新作1本に加えて映画やドラマ、アニメなど様々なジャンルの作品が約1万本見放題となっています。

このページでは実際にビデオパスを利用して気づいたメリット・デメリットなどについて感想と評価もあわせて解説していきます。

月額562円か。
映画館割引もあるし試す価値はありそう。

スポンサーリンク

ビデオパスまるっと早わかり表!

月額料金562円(税抜)
30日間無料
作品数1万本見放題
※追加課金あり
特徴動画をダウンロードできる。
映画館割引などの特典あり。
向いている人ひんぱんに映画館に行く人。
新作映画にこだわりがない人。

ふむふむ、なるほど。
どうやら普通に動画を楽しむ分には問題なさそう。
でももうちょっと詳しく知りたいな。

ビデオパスのおすすめポイント解説!

ビデオパスおすすめポイント

  1. auユーザー以外でもOK!誰でも加入できる動画配信サービス
  2. 毎月550コイン(550円分相当)が付与される
  3. 映画館での鑑賞料金割引サービスあり
  4. 30日間の無料お試し期間あり

➀auユーザー以外でもOK!誰でも加入できる動画配信サービス

ビデオパスはもともとauユーザー限定のサービスでしたが、誰でも加入できるようになりました。au以外の端末を利用している方はau IDを取得することで動画を視聴できます。

➁毎月550コイン(550円分相当)が付与される

ビデオパスは見放題プランに契約すると毎月1日にビデオコインが550コイン付与されます。

このビデオコインは1コイン=1円相当のビデオパス独自のポイントです。主に新作映画やドラマなどを視聴するときに使用します。

月額が562円(税抜き)に対して毎月ビデオコインが550コイン(550円分相当)付与されるので、ビデオコインを活用すれば実質かなりお得です。

➂映画館での鑑賞料金割引サービスあり

ビデオコインの他にもビデオパスには映画館割引サービスがあります。

【2つの映画館割引サービス】

auマンデイ毎週月曜日はTOHOシネマが1,100円
auシネマ割ユナイテッドシネマで毎日最大400円引き
「auマンデイ」の特徴

「auマンデイ」とはTOHOシネマズ全劇場で使える毎月曜日対象の割引クーポンサービスのことです。

特徴として、映画鑑賞料金が以下のように割引されます。

一般1,900円⇒1,100円
大学生1,500円⇒1,100円
高校生以下1,000円⇒900円

1回のクーポン使用につき同伴者1名も割引されるという太っ腹なサービスです。使い方はアプリやサイトからクーポンを表示させ、インターネット販売や劇場券売機、窓口での購入時に入力、提示するだけで割引されます。

「auシネマ割」の特徴

「auシネマ割」とはユナイテッド・シネマ/シネプレックスの劇場で毎日使える鑑賞料金割引サービスのことです。
特徴として、映画鑑賞料金が以下のように割引されます。

一般1,800円⇒1,400円
大学生1,500円⇒1,300円
シニア1,200円⇒1,000円
高校生以下1,000円⇒900円

「auシネマ割」は「auマンデイ」と比較して割引が少額ですが、毎日何度でも使えるというのが特徴です。曜日に縛られずに映画館をお得に鑑賞できるので、気が向いたときに使えるのが便利ですね。

使い方はクーポンサイトからクーポンを取得してインターネット販売や劇場券売機、窓口での購入時に入力、提示するだけで割引されます。

これはたしかにお得だ…。
映画館久しぶり行ってみようかな。

➃30日間の無料お試し期間あり

ビデオパスには初回30日間の無料お試し期間があります。ビデオパスに入ろうか迷っている人は、一度無料おためし期間を使ってみるのもいいかと思います。

その際、自分には不要と感じた人は解約も忘れずしっかり行いましょう。

ついつい忘れがちだけど、解約しないと自動更新されて料金が発生するから気を付けてね!

ビデオパスのデメリットはある?

ビデオパスのデメリット

なんだか良いことづくめだけど、デメリットとかないのかな。

ビデオパスは向いている人にはとても良いサービスですがもちろんデメリットもあります。
ここでは私が実際に使ってみて感じたデメリットを紹介していきます。

ビデオパスのデメリットまとめ

  1. ポイントの有効期限が短い
  2. レンタル購入はアプリではできない
  3. 見放題できる作品が少ない・古い
  4. 新作映画があまりない
  5. 同時視聴できない
  6. テレビで観ると画質が粗い

デメリット➀「「ポイントの有効期限が短い」

ビデオパスは毎月付与されるビデオコインが550コイン(550円相当)がありますが、有効期限は付与されてから翌月末日までと少し短めです。

2カ月放置すると、ポイントが失効してしまいますので注意が必要ですね。

そのほかのポイント有効期限は以下の通りです。

毎月付与されるコイン有効期限‥翌月末
レンタルの還元コイン有効期限‥翌月末
購入したコイン有効期限‥5ヶ月

デメリット➁「レンタル購入はアプリではできない」

レンタル作品の購入がアプリでは出来ないのも不便な点ですね。

レンタル作品はウェブサイト経由でしか買えないので、アプリを見てて良いなと思ってもいちいちサイトを開いて購入して、もう一度アプリを開いて観るという面倒なことをしないといけません。

デメリット➂「見放題できる作品が少ない・古い」

個人的にはこれが一番のデメリットです。見放題できる作品が少ない&古いので観る気がおきないんですよね。

少し新しいのを観ようとするとレンタルで購入しなくちゃいけないのも、うーんって感じです。

様々なジャンルの見放題作品があるのは嬉しいんですが、もう少しラインナップを考えてもらいたいというのが正直な感想でした。

デメリット➃「新作映画があまりない」

先ほどの見放題できる作品が古いという話にもつながるんですが、レンタル作品でもそこまで新作じゃない場合が多いです。

個人的にビデオパスの強みは映画館割引サービスであって新作映画にはそれほど力を入れていないように感じました。

デメリット➄「同時視聴できない」

ビデオパスは複数の端末から同時に視聴することができません。
一人暮らしであればそこまで不便に感じることはありませんが、家族で共有となるとビデオパスはあまり向かないと思います。

ちなみにあらかじめダウンロードしておけば、オフラインで複数端末から同時に視聴することは可能です。

デメリット➅「テレビで観ると画質が粗い」

ビデオパスはHD画質(720p)SD画質(480p)の2種類に対応しています。画質は数字が大きくなるほど高画質になるので、最高でも720pのHD画質が限界です。

スマホで観る分にはあまり気になりませんが、タブレットやパソコン、テレビで観る場合には少し気になります。

高画質で映画が観たいという人にはビデオパスはおすすめできません。

うーん。なるほど。
デメリットを聞くと少し冷静な気持ちになってきたな。

他の動画配信サービスはどんな感じなんだろう?

ビデオパスと動画配信サービス11社との比較

ビデオパスと他動画配信サービスを表にまとめて比較してみました。
どれが自分に合っているかを判断する材料にしてもらえると幸いです。

VOD
サービス
月額料金(税抜)動画数無料期間評価
U-NEXT1,990円13万本以上31日間★★★★☆
amazon
プライムビデオ
500円6万4千本以上30日間★★★★☆
NETFLIX1,450円1万本以上1ヵ月間★★★☆☆
hulu933円5万本以上14日間★★★☆☆
dTV500円12万本以上31日間★★★☆☆
ビデオパス562円1万本以上30日間★★★☆☆
FOD888円3万本以上1ヵ月間★★★☆☆
dアニメストア400円3万8千本以上31日間★★★☆☆
ビデオマーケット980円20万本以上
※見放題は約2万本
1ヵ月間★★☆☆☆
Paravi925円8千本以上1ヵ月間★★☆☆☆
TSUTAYA TV933円8千本以上30日間★★☆☆☆
楽天TV2,149円4万本以上1ヵ月間★☆☆☆☆

【使ってみた感想】ビデオパス評価は★★★☆☆

使ってみた感想で言うとまずまずといった感じでした。

月額562円という低価格の割に幅広いジャンルがあって普通に楽しめます。

毎月一本新作が観れたり、毎月もらえるポイントを使ってレンタル映画を実質無料で観れるのも地味にでかいです。

映画館割引サービスもあるので、ひんぱんに映画館に行く人なら間違いなくおすすめの動画配信サービスと言えるでしょう。

ただし、月額562円を払えば全てが見放題と言うわけではなく、最新作はレンタルで追加料金を払わないと観れないので要注意です。

また、ポイント付与にも有効期限があるので放っておくと失効してしまいます。

個人的にはあまり映画館にいくほうではない(特に平日は行かない)ので割引サービスを使わない月はもったいなく感じてしまいました。だったらその分安くしてほしい‥笑

目的の映画や海外ドラマが特になく、幅広い作品を安く楽しみたいという人におすすめの動画配信サービスです。

映画館によく行く人や目的の映画が特にない人に向いているサービスだね。