dTVとはどんなサービス?とにかく安い動画配信サービスVODを解説!

dTVについて

スポンサーリンク

dTVとは?

dTVとは株式会社NTTドコモが運営している動画配信サービスです。
もともとはドコモユーザー限定のサービスでしたが、今では誰でも加入OKとなっています。

月額500円(税抜)の低コストで12万作品以上見放題できます。

dTVの同系列の配信サービスにはdアニメストアがありますが、あちらはアニメ専門の動画配信サービスとなっています。アニメを観たい人はdアニメストア、映画やドラマを観たい人はdTVを選択すると良いかと思います。

このページでは実際にdTVを利用して気づいたメリット・デメリットなどについて感想と評価もあわせて解説していきます。

動画配信サービスのなかではかなり安いほうだね。
こんだけ安いなら入ってもいいのかな‥。

んー、でももうちょっと詳しく知りたい。

スポンサーリンク

dTVまるっと早わかり表!

月額料金500円(税抜)
31日間無料
作品数12万作品以上見放題
特徴ひと月ワンコインの動画配信サービス
音楽ライブやMV、漫画も楽しめる
向いている人低価格で映画やドラマが観たい人
漫画や音楽ライブも楽しみたい人

この値段で映画、ドラマ、アニメから音楽ライブやカラオケ、漫画も見れるってすごい‥。

他にもおすすめポイントはあるの?

dアニメストアのおすすめポイント解説!

dTVおすすめポイント

dTVおすすめポイント

  1. 月額500円の圧倒的安さ!ワンコインで楽しめる!
  2. 12万作品以上の動画が見放題!
  3. 映画ドラマだけじゃない!漫画や音楽ライブまで楽しめる!
  4. ダウンロード可能だからオフラインでも楽しめる!
  5. スマホだけじゃない!パソコンやTVでも観れる!
  6. 倍速再生や字幕・吹替切り替え機能がある!
  7. 31日間の無料期間がある!

➀月額500円の圧倒的安さ!ワンコインで楽しめる!

dTVは月額500円で12万作品以上の動画が観れるので、幅広く映画やドラマなどたくさん安く観たいという人にはうってつけの動画配信サービスです。

dTVはもともとドコモユーザーを対象としたサービスでしたが、ユーザー拡大のため現在ではドコモユーザー以外でも誰でも入れるようになりました。

ドコモユーザー以外の人は契約後にdアカウントを取得することで動画を視聴できます。

➁12万作品以上の動画が見放題!

dTVは月額500円という安さにも関わらず、12万作品以上が見放題できるお得な動画配信サービスです。

auが運営するビデオパスは月額562円とこちらも安いですが、見放題作品が1万本とかなり少なめです。

その点、dTVの12万本以上が見放題という圧倒的コスパの良さはかなり魅力的と言えます。

➂映画やドラマから漫画や音楽ライブまで楽しめる!

dTVは映画やドラマだけでなく、バラエティや音楽ライブ、漫画コミックまでワンコインで楽しめる優れた動画配信サービスです。

dTVで観れるジャンル一覧

  • 洋画
  • 邦画
  • アニメ
  • 海外ドラマ
  • 国内ドラマ
  • 韓流・華流ドラマ
  • キッズ
  • バラエティ
  • オリジナルコンテンツ
  • 音楽ライブ
  • MUSIC VIDEO・カラオケ
  • 漫画コミック
  • レンタル

幅広い動画ジャンルだけでなく漫画まで読めるのは驚きですね。

またdTVにはオリジナルコンテンツもあるので他では観ることができないオリジナルのバラエティやドラマが観れます。

こんなに豊富なジャンルで月額500円‥。
しかもオリジナルコンテンツもあるんだ。

➃ダウンロード可能だからオフラインでも楽しめる!

dTVは動画をダウンロードすることでオフライン再生が可能です。
あらかじめ家などでダウンロードしておけばスマホの通信制限にひっかからずに通勤、通学時の電車内、電波の届きにくい地下でもノンストレスでスマホからアニメを視聴できます。

➄スマホだけじゃない!パソコンやTVでも観れる!

ドコモが運営しているdTVはスマホだけでなくパソコンやTVでも動画を楽しめます。

dTVの対応している端末は主にスマホ、タブレット、PCがメインです。しかしFire TV、Android TV、Chromecast、Apple TVにも対応しているのでTVでの視聴も可能です。

またHDMIケーブルを使えば安価で簡単にTVと接続させることができます。

➅倍速再生や字幕・吹替切り替え機能がある!

dTVの機能

倍速再生機能動画を1.5倍~2倍の早さで再生できる
字幕・吹替切り替え機能字幕と吹替を切り替えることができる
ダウンロード機能ダウンロードしておくとオフラインでも動画を観ることができる

dTVには動画配信サービスでは珍しい倍速再生機能がついています。再生速度は「標準、1.5倍、2倍」の中から選べます。

これが地味に便利です。個人的に一番愛用している機能ですね。

作品によっては間をたっぷり使ったり、引き延ばしで結局ほとんど進まなかったりするものがあるので、倍速で再生すると時間を無駄にすることなく動画を楽しむことができます。

ただこの倍速機能はdTVアプリに備わった機能なのでスマホ、タブレットでしか使えません。パソコンでは使えないのが少しネックですね。

⑦31日間の無料期間がある!

dTVには初回31日間の無料お試し期間があります。迷っている人は31日間の無料期間お試しを使ってみるのも手ですね。

無料期間をうまく使うおすすめの方法は、観たい作品をあらかじめリストアップしておいて大型連休前に契約して一気見することです。

合わないと思ったらすぐに退会できるので、31日間の無料期間を存分に使ってからやめればお金はかかりません。

その際、自分には不要と感じたら解約を忘れずしっかり行いましょう。

無料期間中に観たい作品を観てdTVをやめればお金がかからないからお得だね!
大型連休前に契約して試してみようかな。

dTVのデメリットはある?

dTVのデメリット

dTVのデメリットまとめ

  1. 観たい作品が少ない
  2. どちらかというと全年齢向け
  3. 同時視聴できない
  4. 端末がゲーム機に対応していない
  5. 支払方法の選択肢が少ない
  6. すべてのコンテンツが見放題ではない
  7. 4K画質に対応しているのは一部のみ

デメリット➀「観たい作品が少ない」

dTVは12万作品が見放題ですが、実際に契約してみると結構な割合で目的の映画やドラマがラインナップにないことがよくあります。

ここにdTVの落とし穴があります。dTV12万作品のなかには様々なジャンルの動画があります。

そしてMVやカラオケ動画も1作品として数えられるため、実際の映画やドラマを見放題できる数はかなり少ないんです。ジャンルが分散している分、トータルの作品数は多いですがそれぞれのジャンルの動画数が少なくなってしまうんです。

月額500円という安さなので仕方ないですが、映画やドラマ、アニメなどの特定のジャンルをたくさん観たいという人には向いていないかもしれません。

dTVは幅広くいろんなジャンルの動画を観る人に向いているサービスですね。

デメリット➁「どちらかというと全年齢向け」

dTVの動画にはR指定の作品が少ないのが難点です。
刺激的、バイオレンス描写のある映画やドラマなどは極端に数が少ないので、少し物足りなさを感じることがあります。

またキッズ向けコンテンツもあるのでdTVは大人だけが楽しめるサービスというより、子どもや家族で楽しめるコンテンツが充実しているという印象です。

デメリット➂「同時視聴できない」

dTVは1アカウントにつき端末ひとつまでしか視聴できません。

先ほどdTVは家族向けコンテンツが充実していると言いましたが、1アカウントでひとつの端末しか視聴できないので家族で共有するには向いていない仕組みとなっています。

この点はdTV側の戦略に疑問がわいてきます。全年齢向けのコンテンツが多いのに家族共有はできないのはかなり不便に感じると思います。

デメリット➃「端末がゲーム機に対応していない」

dTVはゲーム機に対応していないのでTVに対応する端末が少ないです。

PS4やPS3を使ってTVで観ようと考えている人には悲しいお知らせになりますが、dTVは残念ながらゲーム機に対応していないんです。

dTVをTVで観ようとするならFire TV、Android TV、Chromecast、Apple TVなどのサービスを利用することで可能です。

中でも個人的におすすめなのはAmazonが販売する「Fire TV Stick」です。値段が安く設定がシンプルです。TVなどの大画面でアニメを楽しみたい人は一度購入を検討してみても良いかもしれません。

HDMIケーブルを使えばTVに接続することは可能

もっと安くdTVをTVで楽しみたい人必見です。HDMIケーブルを使って端末とTVを繋げば設定いらずで大画面鑑賞が楽しめます。

HDMIケーブルは安いものであれば数百円から購入できますので、TVとつなぐだけでTVをモニター代わりにして動画を楽しむことができます。

HDMIケーブルを購入する際は、端末側の端子に対応したHDMIケーブルを購入するようにしましょう。

デメリット➄「支払方法の選択肢が少ない」

dTVの支払い・決済方法は、基本的に2種類しかありません。

  • ドコモケータイ払い
  • クレジットカード

「ドコモケータイ払い」はドコモユーザーであれば、簡単に設定できます。その場合、毎月支払っているスマホ代金にdアニメストア分の400円(税抜)が上乗せされるだけです。

しかしドコモユーザー以外の方はクレジットカードでしか契約できません。つまりクレジットカードがない人は契約できません。

dTVを契約しようと考えている人は支払方法を考慮してから契約しましょう。

デメリット➅「すべてのコンテンツが見放題ではない」

dTVにある作品のなかには見放題だけではなく一部レンタル作品もあるので注意しましょう。

レンタル作品を観る場合は追加料金を別途支払わなければならず、支払ってもずっと観れる(購入した)というわけではありません。

あくまでレンタルなので視聴期間が過ぎれば観れなくなります。極力見放題の作品で楽しんで、どうしても観たいというものだけレンタルで済ますか別の動画配信サービスを利用したほうがお得です。

デメリット➆「4K画質に対応しているのは一部のみ」

「4K」とは、映像を高精細できれいに映すことができる画面解像度を指します。

dTVはこの「4K」に対応しているのを売りにしていますが、実際に「4K」に対応しているのはごく一部です。

さらにdTVで4K画質を楽しむためには4K対応テレビや安定した通信環境も必要ですので、あまり「4K」の高画質を目的にdTVに入会するのはおすすめできません。

4K画質を楽しみたいのであれば、dTVよりハードルの低い「U-NEXT」がおすすめです。

安いには安いなりの理由があるってことかな。
それでも十分魅力的だけどね。

他の動画配信サービスはどんな感じなんだろう?

dTVと動画配信サービス11社との比較

dTVには豊富なジャンル合わせて12万作品以上が見放題です。しかしいざ契約してみると目的の映画やドラマがないことも多いのが実情です。

以下ではdTVほか動画配信サービス(VOD)を比較した表をまとめています。
どれが自分に合っているかを判断する材料にしてもらえると幸いです。

VOD
サービス
月額料金(税抜)動画数無料期間評価
U-NEXT1,990円13万本以上31日間★★★★☆
amazon
プライムビデオ
500円6万4千本以上30日間★★★★☆
NETFLIX1,450円1万本以上1ヵ月間★★★☆☆
hulu933円5万本以上14日間★★★☆☆
dTV500円12万本以上31日間★★★☆☆
ビデオパス562円1万本以上30日間★★★☆☆
FOD888円3万本以上1ヵ月間★★★☆☆
dアニメストア400円3万8千本以上31日間★★★☆☆
ビデオマーケット980円20万本以上
※見放題は約2万本
1ヵ月間★★☆☆☆
Paravi925円8千本以上1ヵ月間★★☆☆☆
TSUTAYA TV933円8千本以上30日間★★☆☆☆
楽天TV2,149円4万本以上1ヵ月間★☆☆☆☆

【使ってみた感想】dTV評価は★★★☆☆

使ってみた感想は良くも悪くもなくそれなりという感じでした。

月額500円(税抜)で映画やドラマが楽しめるので特に目的の作品や最新作でなくても良いという人には最適な動画配信サービスだと思います。

ジャンルが豊富なので私は作業用BGMとして活用しています。あと倍速再生があるのが嬉しいですね。

あまり興味がない作品でも倍速で観れば時短で数多く観れるので時間がないときに重宝しています。

私は観たい映画やドラマにこだわりがある方なのでdTVの評価は低めですが、とにかく安く観れれば良いという人には魅力的な動画配信サービスだと思います。

dTVの豊富なジャンルを魅力的と取るかどうかで評価が分かれそうだね。